システム金融同士のつながり

システム金融業者からお金を借りると、高金利に返済が待っているのはもちろんのこと、手形や小切手を人質に取られているため、通常のヤミ金よりもタチが悪いといえます。

 

システム金融業者は人質の小切手や担保を猶予も与えずにさっさと交換してしまい、会社がそれを払えないと不渡りになろうがお構いなしなのですから。

 

不渡りの恐怖

しかし、それをやられてしまうとお金を借りた会社としてはとっても困ってしまいます。

 

会社を何とか存続させようとシステム金融にまで手を付けたのに、システム金融業者はさっさと交換に回して不渡りとなります。これが半年間に2回続くと銀行取引停止処分となってしまいますので、倒産に向けてまっしぐらです。

 

それだけは何とか回避しようと、システム金融から借りたお金はとにかく返済しようと、会社も金策に奔走します。

 

別のシステム金融業者が出てくる

とはいえ、ここまでくると普通の貸金業者はおろか、普通のヤミ金業者でも貸してくれるところはあまりありません。

 

そうなると、別のシステム金融業者からお金を借りるしかありませんが、システム金融業者の横のつながりがあるため、絶妙のタイミングで別のシステム金融業者から勧誘があったりします。渡りに船とばかりに飛びついて、ドツボにはまっていくのです。

 

この手口はまさに闇金融の基本とも言えるため、闇金融で借りて返済のために別の闇金融で借りないためにも、一度でも利用をしてしまったら借金の相談を早い段階で進めましょう。