普通の闇金とも異なる

システム金融を使えば審査も面談もなく、小切手や手形を担保にお金を貸してもらえますが、絶対に利用してはいけません。

 

まず、システム金融は、貸金業者が認められている上限金利をはるかに超える金利で貸付を行っています。これをまともに返済していては、さらに資金繰りが苦しくなるのは目に見えています。

 

普通のヤミ金とシステム金融の違い

システム金融は、見て分かる通り闇金の一種ですが、通常のヤミ金とは決定的に異なる点があります。

 

それは、通常のヤミ金は無担保無審査で貸付を行なっているのに対して、システム金融は小切手や手形を担保にお金を貸している点です。これがどのように影響してくるのでしょうか。

 

システム金融は「人質」をさっさと交換してしまう

通常のヤミ金は、長いこと借りてくれた方が利息を多くもらえますし、破産すれば回収できなくなってしまいますので、返済できなくても待ってくれます。

 

しかし、システム金融には小切手や手形という「人質」があるため、お金を借りた会社が返済に困っていると見るや、さっさとこれらを交換に回してしまいます。

 

交換に回された小切手などが支払えなければ不渡りとなり、半年間で2回不渡りが出ると倒産は避けられません。

 

借金に関する問題は事業の今後の行方も左右してしまうので、資金繰りに困って変なところから借りてしまった場合には、慌てず焦らずに借金や債務の無料相談を行ってください。