とにかく高金利で高負担

資金繰りに苦しい法人が個人j業主がついつい手を出しがちなのが、「システム金融」。

 

手形や小切手を担保にすれば、審査も面談もなくお金を融資してくれるのですが、そんな甘い誘いに乗ってはいけません。

 

システム金融は高金利

ろくに審査もせず手形や小切手だけでお金をポンと貸してくれる気前のよい貸金業者、そんなイメージを持つかもしれませんが、とんでもないことです。

 

審査もない、即日融資、こうなればシステム金融が設けるための手段は利息しかありません。リスクが高い貸付方法のため、それを埋め合わせるように金利はかなりの高金利となっています。

 

貸金業者で設定可能な金利の上限は年20%ですが、システム金融の貸付金利はそれをはるかに上回っています。何と年800%~2000%という、通常ではありえないほどの金利設定となっており、これはもちろん違法です。

 

システム金融の金利例

例えば、25万円の小切手を3回に分けて送付すると、システム金融から50万円の融資が受けられるとしましょう。この時点ですでに25万円分利用者が損をしているのが分かりますが、返済は小切手の額面分の75万円分です。

 

仮に3週間かけてこれを返済すると、金利は年1042.857%になってしまうのです。

 

こんな高い金利で正常な返済ができるはずがないので、システム金融を利用してしまった方は闇金解決依頼を法律事務所で行ってください。